かってにパーツ・インプレッション

ENDLESS CC-X

   
購入の理由
 今まで使用していたHC-TITAN改も装着してから約40000km走行した為、
 そろそろ交換時期がやってきた。
 この時、パッドを購入しに行くとなにやらENDLESSの新製品が・・・
 性能は?との問いに対し、装着者がまだいないよとの返答が。
 なら人柱になるべく装着を試みたのであった。

インプレッション
今時のメタルパッドと言うのは適正温度の低いことに驚かされる。
装着後にいきなり走り出してブレーキをかけて見たが、まったく不安が無かった。
HC-TITAN改でもそうであったが町乗りが苦にならないのである。
さて気になる性能であるが、効きはかなり強烈な印象である。
しかし、コントロール出来る幅が狭いのか、踏み込み量に対し効き過ぎる感じが受けられる。
この現象は簡単にタイヤをロックすることが出来るが、
リリースしてグリップを復活させる必要も出てくる。
素人では扱いにくい感じがする。
ブレーキの踏力の調整が出来る人に向いているようだ。

今回このパッドでジムカーナに参加してみたが、強力な制動力が得らる。
しかし、ロックしやすい事から最初はブレーキのリリース量&タイミングがつかめず、
ブレーキングによるアンダーを誘発してしまった。
慣れてしまえば扱いやすいパッドである。

気になる点として、だらだらとしたブレーキをかけたときにやや効きの悪さが感じられる。
たとえば待ち乗りで信号で徐々に停車したい時などである。

ローターの攻撃性やダスト量は納得できる量じゃないかと思える。

総合評価
 町乗りではやや不満が残るが、強力な効きは満足の行くものである。
 ブレーキのコントロール出来る人にお勧め。