かってにパーツ・インプレッション

APEX N1ダンパーTypeR Spec99
DIY装着編

購入の理由
 インプレッサ購入より早二年が過ぎ、走行距離も46000キロをオーバーして乗り心地の悪くなったので、そろそろ観念して購入をした。

DIY装着
 装着自体はショックのASSY交換のため難しい事はないのだが、一つだけ大きな問題があった。それは純正品の取り外しで、シヨックをハブと結合させるボルトが緩まないのである。
 今回もこのボルトがなかなか緩まず、この部分だけは本職の手を借りる事になった。
 あとはリヤのUPマウントの付近が狭く作業しにくいが、落ち着いてやれば難しくはないだろう。
 ちなみに素人のなおきの作業で、3時間程であった。
UPマウント部の写真
 フロントに比べ、リヤは狭く作業性が非常に悪い。
 シートベルトを外すと、作業性が少しは良くなる。
本職に頼むの図
 ロアブラケット側のボルトが緩まず、本職にお願い。

松本レコードのT様
ありがとうございました。
フロント装着前&装着後
 ハブの位置の違いが判るだろうか?
 この違いは、ショックのショートストローク化によるものである。
リヤ装着前&装着後
 フロントと同じくリヤもショートストローク化されている。
車高の落ち具合の図
 適度に落ちていて、なかなかGOODです。
 標準設定でF35mm、R25mm落ちています。
ご苦労様の図
 長年頑張ってきた
ショック君に拍手を!!